孤軍奮闘黙示録 〜 日々の足跡 〜

今まで社会人として経験してきたことや所属している組織内で起こった出来事、大好きな糸島のことなどを綴っています。

憧れのノマドライフ

休職中は仕事の連絡がない限り、自分の時間はたっぷりあります。

 

とはいえ、家事も多少こなしているので、午前中は掃除・朝の食事の片付け・夕飯のご飯の炊飯etcっといったような感じでいそいそと過ごしています。

 

でも、家にいる時間が長くなってくると「専業主婦(夫)」の大変さが分かるような気がします。

 

やはり、外で働けるのは家事をしっかりとやってくれている人がいるからなのだと痛感している休職中です。

 

 

休職中は、一つ試していることがあります。

それは、今まで憧れていた「ノマド」的な生活を過ごしてみるということです。

 

その一つはこの「ブログ」です。

この「ブログ」を皮切りに、何かノマド的な仕事ができて、今までの自分にない何かを発見できれば良いかと考えたのです。

昨今の世間様の仕事を見聞きしていると必ずしも組織に依存しなくても良いのでは?っと疑問に感じているのです。

先日のブログにも記載しましたが、お会いした司法書士の先生のように、資格をとって独立して自分の力で仕事をやっていくのも一つだと思います。しかし、私には周囲に誇れるような資格はないので、都合が良いかもしれませんが、今の自分にある何かを活かすことで生活できるのではないかと考えたのです。

 

その「何か」が今分からずに色々と自分の中を探しつつ、図書館で自分探し(?)のような本を借りて読み漁っているんです。

 

何か一つで良い。

 

今までの自分が歩んできた人生の中で、ちょっと人違ったものがないか探しています。

ひょっとしたら、人と違っていなくても良いかもしれません。

人と同じようなことでも、その分野で「Only One」に成れれば、組織に依存しなくても生活していけるのではないのか?っと自問自答をしながら今後の自分探しを日々行っている最中です。

 

 

自分の憧れている『自分』・・・

いつ見つかるかもわからないし、見つからないかもしれない・・・