孤軍奮闘黙示録 〜 日々の足跡 〜

今まで社会人として経験してきたことや所属している組織内で起こった出来事、大好きな糸島のことなどを綴っています。

サラリーマンって・・・

11月は病気療養ということで、ほぼ自宅に籠もって過ごしています。

 

今の職場環境と今後の仕事について考えたり、職場で意識とベクトルが

全く違う周辺の教員との仕事について考えたり・・・

 

様々なことを自分の中で考え込んでいました。

 

結局答えらしきものは見つからないし、今後どうして良いかも分かりません。

 

このブロブを書きながらも考えていますが、皆目検討が付きません。

 

でも結局は、今まで通りの時間が流れて行くんだろうと思います。

 

時には嫌がらせを受け、時には陰口を叩かれ、時には仕事の責任を全て背負わされる・・・っというような感じなのだと思います。

 

 

今後のことをいくら今イメージしてもはっきり見えてくることはなく、そのイメージ通りにもなることもなく、今この瞬間の一寸先のことですら見えていないんですよね・・・

 

未来の自分のことが分かれば、みんな苦労はしないと思います。

 

今できることとすれば、過去の失敗を繰り返さないための対策として、今できる最大限の対策と未然防止策を講じることぐらいだと思います。

そういう対策をしていてもやはり失敗する時は失敗するし、怒られる時は怒られるんです。

 

今後そういう場面に幾度となくぶつかって、凹んで、悩んでいくと思いますが、そういう時は起きた事象についてしっかり反省をして、その失敗を繰り返さないための対策を講じて行くしかないんだと感じていますし、それしかないと思っています。

 

 

その積み重ねがサラリーマンとしての経験値として、色んな人達に伝えて活かされていけば良いかと考えています。

 

 

やっぱりサラリーマンって辛いですよねぇ〜