孤軍奮闘黙示録 〜 日々の足跡 〜

今まで社会人として経験してきたことや所属している組織内で起こった出来事、大好きな糸島のことなどを綴っています。

BootCampのWindows

今使っているMacBookですが、仕事上どうしてもWindowsを使う場面が多々あります。

 

BootCampでWindowsを使うにあたって、自分が後悔した点や失敗したことがありましたので、いくつか上げたいと思います。

どれもちょっとした手間で対応できますが、その『ちょっとした手間』が面倒なんですよねぇ〜(´;ω;`)

 

【失敗・後悔等】

○データの共有が容易にできない

 → MacのFinderからBOOTCAMPフォルダにアクセスするとWindows側のファイル   を開くことができるが、読み取り専用となってしまう。

 

○WindowsからMacへの切り替えがBootCampの機能を使ってできない

 → Windowsの右下にBootCampのアイコンは表示されているが、BootCampアイ

   コンからOS を選択してMacを起動できない

   OSを選択して起動させる場合は、必ずoptionキーを押しながら電源キーを押す

   必要がある


○Windowsで使用する際にトラックパッドが使いづらい

 → Macのトラックパッドが優秀すぎる(?)ので、別途マウスがあった方が便利

 

○英字キーボードの場合、Windowsの入力変換設定が必須

 → 設定はしなくても大丈夫だが、面倒でも設定した方が遥かに使いやすくなる

 

 

どんなパソコンでも使う人によって設定内容は変わってくると思います。

私の場合は、ランチャーソフトやキャプチャーソフト等をインストールして、自分仕様にしています。

もちろん、フリーソフトを使用する際は注意をしてインストールの判断をして使っています。

 

1台のMacBookでMacとWindowsの両方が使えるのは大変便利だと思いますが、BootCampも使う人によっては使い辛くなってしまうこともあると思うので、設定をされる方は設定後のメリットとデメリットを十分に検討された方が良いと思います。

 

私の場合は、『案ずるより産むが易し』の感覚で先走ってしまい、後で後悔する場合が多いです(/_;)