孤軍奮闘黙示録 〜 日々の足跡 〜

今まで社会人として経験してきたことや所属している組織内で起こった出来事、大好きな糸島のことなどを綴っています。

システム年度更新処理 〜 新入生データ編 〜

f:id:ma2nagary0he1:20190329174151j:plain

新年度に入学してくる新1年生のデータはこれから作らないといけません

 

そこで、入試の合格者データを元に新1年生のデータを作成し、クラス編成テストの結果を受けて本校ではコース別にクラス分けをしています

その後、新入生一人ひとりのデータが正しいのかを新学年に関わる教員と入試に関わった人員で細かく確認を行って、入学式に関わるデータを作成するようになっています

 

以前のブログでもアップしましたが、今回一番大事なデータである入試データを作成したのが、本校の『できるシステム管理者』なのです

f:id:ma2nagary0he1:20190329174233j:plain

 

そして今日、案の定問題噴出です

【問題】

新入生データの一部で出身中学校名が間違っていた

 

今のこの時期になんで?って感じです

この問題が露見したときに彼が放った一言が・・・

 

あっ!! このデータはWさん(私)が作ったデータですよ(^o^)

Wさんもしょうがないですよねぇ〜

 

f:id:ma2nagary0he1:20190329174547j:plain ( ゚д゚)ハッ!

って感じです

しかも周囲のメンバーほぼ全員が

( ゚д゚)ハッ! ( ゚д゚)ハッ! ( ゚д゚)ハッ!

ってなっていました(爆)

 

この言葉を聞いていた部長が一言・・・

 

f:id:ma2nagary0he1:20190329174656j:plain

Wさんはこのデータ作ったときは休んでいたから新入生に関わるデータは作れないよ

 

では誰がこのデータを作ったのか?

そうです

そうなんです

 

できるシステム管理者のK先生様が作っていたのです

 

周囲が呆れ返っていたのは言うまでもありません٩(′д‵)۶

自分の間違いを認めたくない一心で、私に責任転換をしてきたのです

 

こういう人種と仕事をすると時間と労力を無駄に使ってしまいます(;´Д`)