孤軍奮闘黙示録 〜 日々の足跡 〜

今まで社会人として経験してきたことや所属している組織内で起こった出来事、大好きな糸島のことなどを綴っています。

UbuntuをWebサーバーにしてみる

UbuntuとかWebサーバーとかあまり聞き慣れない方もいるかも知れませんが今回はUbuntuにApacheをインストールする手順をアップしときます

もちろん自分の備忘も兼ねています(^_^;)

 

=================================================================

準備するもの

=================================================================

①VirtualBox(必要な場合)

【VirtualBoxダウンロード先】

www.oracle.com

 

②UbuntuのISOファイル

 私の場合は事前にVirtualBoxにインストールしていました

【Ubuntuダウンロード先】

www.ubuntulinux.jp

※Ubuntuのインストールについては別途Google先生に聞いてみて下さいm(__)m

 

=================================================================

Apacheインストール

=================================================================

①Ubuntuの端末を起動

 

②以下のコマンドを実行していく

-1 ファイアウォールのインストール

apt install ufw

-2 ファイアウォール有効化

ufw enable

-3 sshのポート開放

ufw allow 22

-4 Apacheが使用するポートを開放

ufw allow 80

-5 Apacheインストール

apt install apache2

 

上記コマンドの実行が完了したらシステムを再起動

 

=================================================================

Apache稼働確認

=================================================================

①FireFoxを起動

 

②URL入力欄に127.0.0.1を入力して実行

 

③Apacheが起動していれば以下の画面が表示される

f:id:ma2nagary0he1:20190511223500p:plain

 

=================================================================

ところでApacheって何?

=================================================================

全世界的に使用されているWebサーバーアプリです

 

Webサーバーって何?

サーバーって付くと何だか難しそうだけど何をしているサーバーなの?

 

って思う人もいるかと思います

私も実際思っていましたし、サーバーって付くから構築が難しそうって思っていました(^_^;)

そこで簡単ではありますが、Webサーバーの大まかな動きを参考までに下記しときます

 

①パソコンでインターネットのサイトを開く(リクエストする)

 

②サイトのWebサーバーからリクエストがあったページを配信

 

③パソコンで見たいサイトが表示

 

ここの②の機能を果たしているのがWebサーバーアプリです

つまりサーバーと言っていますが、特に高性能なパソコンを用意する必要もなく、いつも自分が使っているパソコンにWebサーバーアプリをインストールすれば、そのパソコンがWebサーバーになってしまうのです

 

=================================================================

まとめ

=================================================================

システムやパソコンにあまり詳しくない方たちはサーバーって聞くと何でも難しそう・構築が大変そうっていうイメージを持っている方が多いかと思いましたので、今回は誰にでも比較的簡単に構築ができそうなWebサーバーの構築をアップしてみました

 

私も久しぶりに一つひとつ手順を確認しながら実施したので、内容に齟齬があるかもしれません

また、私の手順以上に簡単でしかも短時間で構築できる手順があるかもしれません

今回紹介した内容は手順の中の一つとして捉えて頂けると幸いです

 

私もまだまだまだまだまだ知らないことばかりなので、勉強しながら・学びながらここにアップしていけたらと考えています(*^^*)