孤軍奮闘黙示録 〜 日々の足跡 〜

今まで社会人として経験してきたことや所属している組織内で起こった出来事、大好きな糸島のことなどを綴っています。

簿記の勉強記録 〜 有形固定資産の巻 〜

f:id:ma2nagary0he1:20190910232804j:plain

【固定資産の買換】

○固定資産の売却処理と新しい固定資産の購入の取引を分ける

○下取り価格は未収金で処理

○下取り価格が時価よりも高い → 差額は新固定資産の値引きで処理

 

【減価償却(定額法)】

○償却率:1年÷対応年数

 例)償却率(5年) → 1年÷5年=0.2

 

○減価償却費 = (取得原価 - 残存価格) ÷ 耐用年数

 

○償却率を用いた減価償却費 = (取得原価 ‐ 残存価格) × 償却率

 

【減価償却(定率法)】

○償却率 = 1 ÷ 対応年数 × 2 (200%定率法)

 

【減価償却(級数法)】

○時間軸を作成

 例)対応年数5年

    -----|----------|----------|----------|----------|-----

     1年   2年  3年   4年  5年

 

○箱を作成

 例)対応年数5年

   □ □ □ □ □

   □ □ □ □

   □ □ □

   □ □

   □

 

○減価償却費 = (取得原価 - 残存価格) × 該当期の箱の数 ÷ 総箱数

 

○減価償却累計額の表示方法

 原則:科目別にそれぞれ取得原価と減価償却累計額を計上

 例外:科目別若しくは一括で帳簿価格から減価償却累計額を差し引いた金額を計上

 

 

=================================================================

ご注意

=================================================================

上記の内容は個人的な備忘の意味が強くなっています

内容に間違いがある場合もあります

参考にされる際はご注意ください

 

間違いや修正すべき内容・箇所を見つけられた方はご指摘頂けると幸いです