孤軍奮闘黙示録 〜 日々の足跡 〜

今まで社会人として経験してきたことや所属している組織内で起こった出来事、大好きな糸島のことなどを綴っています。

簿記の勉強 〜 負債会計基礎の巻 〜

f:id:ma2nagary0he1:20190910232804j:plain

【負債の分類】

○正常営業循環基準:営業活動から生じる負債で流動負債

○一年基準

 決算日の翌日から1年以内に返済期限到来 → 流動負債

 それ以外 → 固定負債

 

【引当金】

○当期の費用として計上【引当金の分類】

○評価制引当金:資産の部

○負債性引当金:負債の部

 → 債務性引当金(特定契約にもとづく)

 → 非債務性引当金(特定契約にもとづかない)

 

【退職給付会計】

○退職給付引当金 = 退職給付債務 - 年金資産

○退職給付にかかる費用は退職給付費用(販管費)で処理

○社員が退職した際は企業から退職一時金が支給され年金基金から年金が支給

 

【利息費用】

○利息費用 = 期首退職給付債務 × 割引率

 

【期待運用収益】

○期待運用収益 = 期首年金資産 × 長期期待運用収益率

 

【退職給付費用と期末退職給付引当金】

○退職給付費用:勤務費用・利息費用・期待運用収益を加減して計算

 → 退職給付費用 = 勤務費用 + 利息費用 - 期待運用収益

○期末退職給付引当金 = 期首退職給付引当金 + 当期の退職給付費用

 

【退職給付会計の期中処理】

○退職給付費用(費用)と退職給付引当金(負債)で仕訳

○企業が年金基金に拠出 → 退職給付引当金(負債)が減る

○企業が退職者に一時金を支給 → 退職給付引当金(負債)が減る

○退職年金の支給 → 仕訳なし

 

=================================================================

ご注意

=================================================================

上記の内容は個人的な備忘の意味が強くなっています

内容に間違いがある場合もあります

参考にされる際はご注意ください

 

間違いや修正すべき内容・箇所を見つけられた方はご指摘頂けると幸いです