孤軍奮闘黙示録 〜 日々の足跡 〜

今まで社会人として経験してきたことや所属している組織内で起こった出来事、大好きな糸島のことなどを綴っています。

簿記の勉強 〜 純資産の巻 〜

f:id:ma2nagary0he1:20190910232804j:plain

【純資産】

○純資産 = 資産 - 負債

 

【B/Sの純資産区分】

○株主資本

 ①資本金

 ②新株式申込証拠金

 ③資本剰余金 壱)資本準備金 弐)その他資本剰余金

 ④利益剰余金 壱)利益準備金 弐)その他利益剰余金

 ⑤自己株式

○評価・換算差額等

 ①その他有価証券評価差額金

 ②繰延ヘッジ損益

○新株予約権

 

【株主資本等変動計算書】

○株主資本の変動原因を報告するために作成

 

【財務諸表のつながり】

○P/Lの当期純利益

 → 株主資本等変動計算書の繰延利益剰余金にあるへ当期純利益へ

○株主資本等変動計算書の繰延利益剰余金の当期末残高

 → B/Sの利益剰余金にあるその他利益剰余金の繰越利益剰余金へ

 

【帳簿のつながり】

○損益勘定の貸借差額で計算された当期純損益

 → 繰越利益剰余金勘定へ

○繰越利益剰余金勘定の次期繰越額

 → 繰越試算表の繰越利益剰余金へ

 

【株主資本の変動】

○原則処理:株式発行 → 振り込まれた全額を資本金

○容認処理:株式の振込金額等のうち1/2を超えない金額 → 資本準備金

 

【剰余金増減】

○剰余金 = その他資本剰余金 + その他利益剰余金

 

【剰余金の配当】

○配当の財源:その他資本剰余金とその他利益剰余金

○配当金額:会社法では一定額を資本準備金や利益準備金に積み立てると規定

 → ①配当自体の処理

 → ②資本準備金・利益準備金の積立処理

○配当自体の処理株主総会で剰余金の配当が決議

 → 未払配当金(負債)で処理しその他剰余金 or 繰越利益剰余金を取り崩し

○資本準備金・利益剰余金の積立処理

 → 配当財源別に配当金額の1/10を積立

 → 配当財源が繰越力準備金のみの場合:利益準備金のみ積立

 → (資本準備金 + 利益準備金)> 資本金 × 1/4

  ⇒ 資本金 × 1/4以上は積み立てる必要なし

準備金積立予定額(配当金額の1/10)を積み立てて積立限度額を超える場合

 → 配当財源の割合で按分して各準備金を積み立てる

 

【株主資本の係数変動】

○資本金と資本剰余金間の振替可

○資本剰余金内・利益剰余金内の振替可

○増資の場合:利益剰余金を資本金に振替可

○欠損を填補する場合:資本金や資本剰余金を取り崩して利益剰余金に振替可

 

 

【任意積立金】

○会社が任意で車内に留保している金額(法律による強制なし

 

【欠損】

○株主資本の金額 < 資本準備金 + 利益準備金

○欠損の填補:資本金や資本剰余金を取り崩して填補可

 

【自己株式】

○取得した場合:取得原価(自己株式)で処理

 ①B/Sの純資産の部にマイナスで表示

 ②取得にかかる費用:支払手数料(営業外費用)で処理

○決算時の処理:評価替えなし

 ①処分方法:その他資本剰余金 = 自己株式の帳簿価額 - 株主からの払込金額

○その他資本剰余金がマイナスで残っている場合:繰越利益剰余金を取り崩し補填

 → その他資本剰余金がマイナスでB/Sに残らない

○消却時の処理:その他資本剰余金を減らす

 

【新株予約権】

○新株予約権者が権利行使 → 新株 or 自己株式を発行

○会計処理の発生

 ①新株予約権の発行

 ②権利行使

 ③権利行使期間満了時

 

【新株予約権の発行】

○払込金額 → 新株予約権(純資産)で処理

 

【新株予約権の権利行使】

○新株予約権発行

 → 資本金 = 発行時の払込金額 + 権利行使価額

 → 新株予約権の減少と権利行使価額が払込まれる

○自己株式発行

 → 自己株式の処分対価 = 新株予約権の払込金額 + 権利行使の価額

 → その他資本剰余金 = 自己株式の処分対価 ‐ 帳簿価額

 

【新株予約権の権利行使期間満了】

新株予約権戻入益(特別利益)として処理

 

=================================================================

ご注意

=================================================================

上記の内容は個人的な備忘の意味が強くなっています

内容に間違いがある場合もあります

参考にされる際はご注意ください

 

間違いや修正すべき内容・箇所を見つけられた方はご指摘頂けると幸いです